第4回キャンドル・フェスティバル

蜜蝋のキャンドル・コンテスト、パレード

第4回キャンドルフェスティバル

タイ東北部のウボンラーチャターニーにて、2012年7月1日(日)~8月5日(日)の期間、第4回キャンドル・フェスティバル(ろうそく祭り)が開催されます。

このキャンドル・フェスティバル(ろうそく祭り)は、すべての仏教僧が寺院からの外出を禁止される「カオ・パンサー / 安居入り」の時期(2012年は8月3日(金))に合わせて行われるもの。期間中は、美しく彫刻を施した蜜蝋のキャンドルパレードやコンテストなど、さまざまな催しが開催されます。

2012年7月20日(金)~8月5日(日)には、第7回インターナショナル・ワックス・スカルプチャー・アンド・タイ・キャンドル・ワックス・カービング(The 7th International Wax Sculpture and Thai Candle Wax Carving,Ubon)が開催されます。世界各国から参加する出場者が、1辺1メートルの蜜蝋で出来た立方体3つを組み合わせて、自由に作品を作り上げるコンテストです。日本からは、石原良定(いしはら よしさだ)さんが出場します。

蜜蝋とは、ミツバチの巣を構成する蝋を精製したものです。キャンドル・フェスティバルでは、郷土職人の技術と宗教的な捧げ者の展示が見どころとなっています。そして、地元の寺院に寄贈される前に様々なサイズ・形の精緻な彫刻を施された蜜蝋キャンドルのパレードも大きな見所です。

過去のキャンドル・フェスティバルの様子

第4回キャンドル・フェスティバル(ろうそく祭り)プログラム/スケジュール

  • 7月1日~8月15日:ウボンラーチャターニー国際空港にて写真展。
  • 7月20~31日:ウボンラーチャターニー国際博物館にて、世界各国からの9名のアーティスト(日本、韓国、ネパール、台湾、トルコ、ルーマニア、ドイツ、アルゼンチン)による彫刻展示。
  • 7月22日:ワット・シーウボンラット・タナラーム正面にて、第7回ウボンラーチャターニー国際ろうそく彫刻オープニング。19:00~20:00
  • 7月28日~8月3日:トゥンシー・ムアン公園付近にて、09:00~19:00の時間、キャンドル・フェスティバル・ストリート/キャンドル彫刻の実演/写真展。
  • 7月28日~8月5日:ウボンラーチャターニー・オールドタウンホール正面にて、10:00~22:00の時間、OTOP(一村一品運動)フェアー。
  • 8月1日:スニー・グランド・ホテルにて19:00から、ミス・キャンドル・コンテスト/郷土料理の夕食(Pha-Laeng/パーレーン)。
  • 8月2日:Ban Kan Pun/バンカンプンにて、09:00~17:00の時間、シルクの織物、キャンドル・フラワー、独自の文化の実演。※チケット一人100バーツ
  • 8月2日:仮設ウボン・タウン・ホール、ワット・ルアン、ワット・スパット・タナラーム、トゥンシー・ムアン公園にて、15:00~17:00の時間、キャンドルお披露目のセレモニー()
  • 8月2日:アヌバン・ウボン・スクール付近の通りにて17:00から、寺院や村からのキャンドルお披露目。
  • 8月2日:ワット・シーウボンラット・タナラーム正面にて、19:00~20:00の時間、キャンドルを手に寺院の周りを巡る習わし。
  • 8月2日:トゥンシー・ムアン公園にて、19:30~20:30の時間、ミュージカル・ショー。
  • 8月3日:ワット・シーウボンラット・タナラーム、Aupparat Rd./ウッパラット通り、Cha Yang Kul Rd./チャヤンクン通りにて、08:30~12:00の時間、キャンドル・フェスティバル2012パレード。
  • 8月3日:ワット・シーウボンラット・タナラーム正面にて、11:00~12:00の時間、王室関係者による儀式、僧侶の雨期の衣替え儀式。
  • 8月3日:ワット・シーウボンラット・タナラーム正面にて、18:00~19:00の時間、キャンドル・コンテスト入賞者発表、郷土舞踊&キャンドル・ナイト・パレードによるライト&サウンド・ショー。
  • 8月3~5日:ウボンラーチャターニー広報課正面にて、入賞キャンドル2体のお披露目。

第4回キャンドル・フェスティバル(ろうそく祭り)の概要

  • 開催期間:2012年7月1日(日)~8月5日(日)
  • 開催場所:ウボンラーチャターニー
  • アクセス:ウボンラーチャターニー空港から市内への移動手段は、交渉制のタクシーのみ。
  • 問い合わせ先:TAT ウボンラーチャターニーオフィス Tel: 045-243-770、Fax: 045-243-771 ※英語/タイ語
  • Thailand Wax Sculpture 2555
    タイ王国政府観光庁

コメント