バイクタクシー / モーターサイ

利用するなら、ソイの中の往来だけにしたいバイクタクシー / モータサイ

日本では見かけない、バンコクの交通手段にバイクタクシーがあります。タイでは「モーターサイ」と呼ばれるもので、普通のモーターバイクを使ったタクシーです。「モータサイ」とは「モータサイ・ラップ・チャーン」の略語です。

バンコクの大通りから入る横道=ソイの入り口付近に、ゼッケン・ナンバーが記された揃いのベストを着た運転手たちが小型オートバイに跨っている光景を目にします。これが、バイクタクシー / モーターサイです。

モーターサイは料金交渉制です。まず目的地を言って運転手が提示する料金でOKなら、オートバイの後部座席に乗り込んでGO!

外国人旅行者を目の前にすると、「うーん」とちょっと考え込んだ様子を見せて料金を提示してくるので(^^; その提示された金額が高いと思ったら値切って交渉です。

通常、バイクタクシー / モーターサイは、ソイの中を移動する交通手段として利用されています。ソイとはいっても、中には奥まで延々と数キロも伸びているソイもあります。

タイの庶民は、そうした大通りとソイの間を結ぶ便利な移動手段として日常的に利用しています。

ソイの中の往来だけでなく、大通りでも利用できます。かなり渋滞した道でも、オートバイなら車の隙間をぬうようにして先に進むことができるからです。

とはいえ、外国人の旅行者にとっては、ソイの往来だけに限定する方が賢明です。なにしろ、バンコクではバイクの転倒事故などは日常茶飯事。混雑した車の間を強引にすり抜けようするなど運転も荒く、危ない目に合う可能性があります。。利用者には、一応、ヘルメットも用意されていますが・・・・・・。

また、加えて料金の面でも、大通りを行く場合は一般のメータータクシーを使うよりも、割高となるケースがほとんどです。

利用するなら、やはり、一つのソイの中だけの往来に留めるのがお勧めです。ソイの中だけの往来なら、普通、10バーツ、なが~いソイなら30バーツほどで済むはずです。

Happy day-Seb
Happy day-Seb / nist6ss
Motor Bike Taxis
Motor Bike Taxis / gerrypopplestone

シェアする

フォローする