東京・タイロイカトン祭2010が開催/2010年8月7日(土)~8日(日)

東京・日比谷公園にて「東京・タイロイカトン祭2010」開催

2010_loy_krathong.jpg

8月7日(土)・8日(日)の2日間、東京・日比谷公園にて「東京・タイロイカトン祭2010」が開催されます。

ロイカトン(ロイクラトーン)とは、毎年、10月の下旬から11月の中旬、太陰暦12月の満月の夜に、タイ全土で開催されるお祭りです。

そのルーツは諸説ありますが、一般的には、農業の収穫に感謝し、水の女神コンカーに祈りをささげ、罪を謝罪し、自らを清める祭りとされています。

川の神に感謝を捧げるために、紙やバナナの葉で作った灯篭を川に流して祈りを捧げます。灯籠は、バナナの葉を使用して蓮の花をかたどったもので、多くの場合、ろうそく1本に線香3本が立てられています。

火をつけて願いごとをした後、水に流し、ろうそくの火がいつまでも消えなければ、願いごとが叶うとも言われています。

国際タイ舞踊文化交流会実行委員会主催のもと、灯籠の作り方や、美味しいタイ料理やお菓子の屋台・物産民芸品店・マッサージなどのテナントが出店します。

また、タイの伝統楽器の演奏、タイ舞踊、タイのポップス、ムエタイ、ゲーム、ミスロイカトンコンテストなども予定されています。

ロイカトン(ロイクラトーン)は、タイでは、ソンクラーンと並んでタイを代表するお祭りとされていますが、このお祭りを東京・日比谷公園噴水広場にて体験できるチャンスです!

東京・タイロイカトン祭2010の概要

  • 開催日:2010年8月7日(土)・8月8日(日)
  • 開催時間:10時00分~19時00分
  • 開催場所:日比谷公園噴水広場
  • 入場料:無料
  • 主催:国際タイ舞踊文化交流会実行委員会、インターナショナルタイダンスアカデミー

コメント