海外邦人援護件数、在タイ大使館が1位/2010年7月7日

日本外務省が、2010年7月7日、「2009年海外邦人援護統計」を発表しました。これは、日本の在外公館などが、事件や事故などで日本人を援護した実績をまとめたものです。

2009年は、2008年に比べて日本人渡航者数が3.4%減となっていますが、援護件数は同2.02%増加しています。また、60歳以上の被援護者数は同28.6%増と大幅に増えています。

擁護件数が多い在外公館を見ると、在タイ日本国大使館が1,193件と、今年もトップとなっています。2番目に擁護件数が多いのは、1,071件の在上海日本国総領事館、3番目は927件の在フィリピン日本国大使館となっています。

これで、在タイ大使館は17年連続で擁護件数が最も多い在外公館となっています。

コメント