タイ映画『タイムライン』@福岡国際映画祭2014

日本の佐賀県でもロケ撮影されたタイ映画『タイムライン』が「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014」にて上映!

2014年9月12日(金)~21日(日)の期間、福岡市で開催される「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014」で、タイ映画『タイムライン』(Timeline)が公式招待作品として上映されます

タイでは2014年2月13日に公開されている『タイムライン』(Timeline)は、日本でも2007年に公開された「レター 僕を忘れないで(The Letter)(2004年)の続編的な位置付けの映画です。

タイ映画の王道を行くかのようなハートフルなラブ・ストーリー映画『タイムライン』(Timeline)

チェンマイで農園を経営しながら一人息子を育てるシングルマザーのマット。息子が農業学校へ進み、農園を継いでくれることを望んでいます。

しかし、自分の新しい世界を望む息子は振り切るようにバンコクの大学へ進みます。

そして大学の新入生歓迎会で一人の女性と出会い、彼の日常に変化が・・・タイ映画の王道を行くかのようなハートフルなラブ・ストーリー作品です。

タイでは2014年2月13日のバレンタインデーに合わせて公開されヒットとなっています。5月下旬にタイでDVDが出ています。

甘いマスクをした主演男優のチラーユ・タンシースックは、日本でも人気が出るかも知れませんね。

ところで、佐賀県でロケ撮影は2013年11月初旬に行われたそうです。

とはいえ、日本でのシーンは少なめ。タイ国内で既に発売されているDVD『Timeline』に収録されている特典のメイキング映像には、唐津、呼子の朝市、大川内山、祐徳稲荷神社など佐賀県を代表する観光地が映っているそうです。

『タイムライン』のオリジナル予告編&ポスター

タイ映画『タイムライン』のポスター1 タイ映画『タイムライン』のポスタ2 タイ映画『タイムライン』のポスタ3 タイ映画『タイムライン』のポスター4

公式招待作品として上映される『タイムライン』の上映スケジュール&作品データ

上映スケジュール
9月13日(土)10:30~ キャナルシティ13 スクリーン13
9月15日(月・祝)13:10~ キャナルシティ13 スクリーン13
スケジュール参照。
タイトル
邦題:タイムライン / 英題:Timeline / 原題:Timeline จดหมายความทรงจ(Timeline Chotmai Khwamsongcham)
監督
ノンスィー・ニミブット(Nonzee Nimibutr / นนทรีย์ นิมิบุตร)
脚本
Kiat Songsanun, Apichet Kampoo Na Ayutthaya, Nonzee Nimibutr
キャスト
チラーユ・タンシースック(Jirayu Tangsrisuk / จิรายุ ตั้งศรีสุข(เจมส)、チャリンポーン・チュンキアット(Jarinporn Joonkiet / จรินทร์พร จุนเกียรต、ピヤティダー・ウォラムシック(Piyathida Woramuksik / ปิยธิดา วรมุสิก)、他。
製作年、製作国
2014年、タイ
上映時間
135分
製作プロダクションの公式サイト
Sahamongkol Film International

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014の概要

今年で第24回目を迎える「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」は、アジア映画に焦点をあてた映画祭として全国の映画関係者から注目を集めている映画祭です。

上映作品の選定にあたっては映画祭ディレクターが実際にアジア各地に足を運んで現地調査を行い、作品の上映に際しては監督・主演者等をゲストとして招待して会場でのデスカッションやシンポジウムなどで市民との交流を図っていることが大きな特徴です。

今年は、アジアを中心とした18か国・地域からの公式作品39作品が上映!

9月12日(金)には、オープニング上映(関係者・一般招待者のみ)とオープニング・セレモニーが「キャナルシティ博多」の地下1階のサンプラザステージにて予定されています。

9月17日(水)には、福岡観客賞授賞式があります。

メイン会場は、昨年と同じく福岡市の複合商業施設の「キャナルシティ博多」。キャナルシティ博多内にある「ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13」(13のスクリーン)で映画が上映されます。

  • 開催期間:2014年9月12日(金)~21日(日)
  • メイン会場はキャナルシティ博多
    (〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1丁目2)
    また、福岡市総合図書館映像ホール・シネラ(〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜3-7-1)でも上映。
  • 主催:アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会、福岡市
  • 料金:前売券は、1作品券1,100円、5作品券4,400円、フリーパス券11,000円
    当日券は、1作品券1,300円、5作品券5,500円、フリーパス券13,000円。中高・大学生・留学生は当日券500円(要学生証提示)、小学生以下無料。
  • 問い合わせ先:福岡国際映画祭インフォメーション Tel:080-8360-5702
    ※受付時間 10:00〜17:00
  • 上映スケジュール、チケットなどの詳細は公式サイト:アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014にて。
  • Facebook:Focus on Asia Fukuoka International Film Festival アジアフォーカス・福岡国際映画祭
  • ツイッター/Twitterアカウント:@asiafocus10 アジアフォーカス

シェアする

フォローする