2014年タイの訪日旅行者数が過去最高を記録!

2014年タイの訪日旅行者数は65万7600人と3年連続で過去最高! 前年比45.0%増と高い伸び率をキープ!

日本政府観光局(JTNO)は2015年1月20日(火)、2014年の訪日外国人旅行者数(推計値)を発表しました。

2014年に日本を訪れた外国人は対前年比29.4%増の1341万4000人。これまで過去最高だった2013年の1036万4000人を大幅に上回りました。タイからの旅行者も過去最高となりました。

日本政府観光局(JNTO)の推計によると、国・地域別で見ると、トップは台湾からの旅行者。前年比28.0%増の282万9800人と、昨年のトップだった韓国を抜いて第1位となりました。

第2位は韓国で、対前年比12.2%増の275万5300万人。次いで第3位が中国で、対前年比83.3%増の240万9200人でした。

上位10位のうち7位までが、東アジア・東南アジアの国・地域が占めました。

気になるタイの数値を見ると、2014年にタイから日本を訪れた人数は65万7600人と、アメリカに次いで第6位。3年連続で過去最高となりました(これまでの過去最高は2013年453,642人)。

月別で見ると、2012年4月以降、各月の過去最高を更新し続けてました。

ことにタイの旧正月・ソンクラン休暇のある4月は、桜シーズンに向けて実施したプロモーションの効果もあり、99,396人と10万人に迫る数字を記録。市場別訪日外客数では香港、米国を上回り、はじめて4位となりました。

また、訪日外国人旅行者数の国・地域ごとの伸び率で見ると、タイは前年比45.0%増と世界で4番目に高い伸び率でした。

日本政府観光局(JTNO)は、タイからの訪日外国人旅行者が増えている要因として、2013年7月に開始されたビザ免除を受けて実施した各種旅行博への出展や広告展開などの訪日プロモーションが奏功し、大幅な増加に繋がった、としています。

また2014年6月、9月に相次いで新規就航したLCC便により、割安な航空便を利用する個人旅行者が増加した、としています。

日本政府は、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに年間2000万人に増やす目標を掲げています。

2014年の訪日外国人旅行者数ランキング(2014年累計)

  • 第1位 台湾 282万9800人(28.0%増)
  • 第2位 韓国 275万5300人(12.2%増)
  • 第3位 中国 240万9200人(83.3%増)
  • 第4位 香港 92万5900人(24.1%増)
  • 第5位 米国 89万1600人(11.6%増)
  • 第6位 タイ 65万7600人(45.0%増)
  • 第7位 オーストラリア 30万2700人(23.8%増)
  • 第8位 マレーシア 24万9500人(41.3%増)
  • 第9位 シンガポール 22万7900人(20.4%増)
  • 第10位 イギリス 22万100人(14.8%増)
  • 第11位 フィリピン 18万4200人(70.0%増)
  • 第12位 カナダ 18万2900人(19.7%増)
  • 第13位 フランス 17万8600人(15.3%増)
  • 第14位 インドネシア 15万8700人(16.0%増)
  • 第15位 ドイツ 14万200人(15.1%増)
  • 第16位 ベトナム 12万4300人(47.2%増)
  • 第17位 インド 8万7900人(17.1%増)
  • 第18位 ロシア 6万4100人(5.9%増)
  • その他 82万3100人(19.8%増)

※出典:日本政府観光局(JNTO)

2014年の訪日外国人旅行者数 伸び率ランキング

  • 第1位 中国 83.3%増(240万9200人)
  • 第2位 フィリピン 70.0%増(18万4200人)
  • 第3位 ベトナム 47.2%増(12万4300人)
  • 第4位 タイ 45.0%増(65万7600人)
  • 第5位 マレーシア 41.3%増(24万9500人)
  • 第6位 台湾 28.0%増(282万9800人)
  • 第7位 香港 24.1%増(92万5900人)
  • 第8位 オーストラリア 23.8%増(30万2700人)
  • 第9位 シンガポール 20.4%増(22万7900人)
  • 第10位 カナダ 19.7%増(18万2900人)
  • 第11位 インド 17.1%増(8万7900人)
  • 第12位 インドネシア 16.0%増(15万8700人)
  • 第13位 フランス 15.3%増(17万8600人)
  • 第14位 ドイツ 15.1%増(14万200人)
  • 第15位 英国 14.8%増(22万100人)
  • 第16位 韓国 12.2%増(275万5300人)
  • 第17位 米国 11.6%増(89万1600人)
  • 第18位 ロシア 5.9%増(6万4100人)
  • その他 19.8%増(82万3100人)

※出典:日本政府観光局(JNTO)

参考URL

シェアする

フォローする