旅行ガイドブック

旅行ガイドブック

一昔前に比べて、タイに関するガイドブック類の充実は目を見張るばかりです。一般的なタイ旅行ガイドブックだけでなく、バンコクに限定した詳細なものから、食べ歩きに焦点を当てたもの、ビーチ情報などなど、各テーマごとに様々な書籍があります。以下、代表的なもをピックアップしてみました。

歩くバンコク2014-2015 (歩くシリーズ)
歩くバンコク2014-2015 (歩くシリーズ) サイアムセンターやアジアティックなどの人気スポットから、注目の新「鉄道市場」や川沿いホテルのランチフッフェなどバンコク最先端の話題のスポットを満載。タイ在住の日本人が歩いてチェックした地図は、細い路地までフォローしてあり分かりやすく、使い勝手が良いスグレもの。タイ通として知られる下川裕治さんが編集しただけあってコラムも充実。バンコク市内の旅行・観光なら、この一冊でOK!
地球の歩き方 タイ 2014~2015
地球の歩き方 タイ 2014~2015 バックパッカー定番のバジェット派旅行ガイドブックです。時に不評な話を耳にすることもありますが、タイ旅行に関する事柄をこれだけ多岐に渡って広範囲に網羅している日本語のガイドブックはなかなかありません。
Lonely Planet Country Guide Thailand (Lonely Planet Thailand)
Lonely Planet Country Guide Thailand (Lonely Planet Thailand) 世界中のバックパッカーのマスト・アイテム、ロンリープラネットの「タイ」15版(2014/08)。その詳細かつ圧倒的な情報量と質は「地球の歩き方」をはるかに凌駕しています。単に情報量だけでなく、旅行に関する姿勢が日本のガイドブックとは異なる点も興味深いものがあります。 比較的、読みやすい英語で書かれています。

旅行者必帯の実用的なタイ語会話本

旅の指さし会話帳 1タイ[第3版]
旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] 45もの場面・状況ごとに用意されたイラストを指差して会話できるアイディアで人気を呼んだ「旅の指差し会話帳」のタイ語版です。各単語には、できるだけ実際のタイ語の発音に使い読みガナがふってあります。第2部は、タイ語の基本知識などのページを収録。第3部・第4部は辞書形式で約3000語を収録した単語集となっています。
屋台で食事する場面に特化した「ワンテーマ指さし会話 タイ×屋台めし」(Kindle版)も有ります。
世界一わかりやすい!一夜漬けタイ語
世界一わかりやすい!一夜漬けタイ語 文字に雲が飛んでいるような!難解なタイ文字については触れず、カタカナとローマ字表記だけで発音・数字・文法を平易に解説!独自のタイ語学習法で知られている著者たちの腕が光る一夜漬けタイ語学習本です。約600語を収録した【カテゴリー別単語集】CDも付属。指差し会話帳と通常のタイ語入門書の中間のような本です。

シェアする

フォローする