アジアで最も旅行者の物価が安い都市「旅行者物価指数2013」ランキングでバンコクが第2位

旅行者の出費を比較調査した「旅行者物価指数2013」ランキング / 2013年6月11日(火)

Bangkok river cruise
Bangkok river cruise / eGuide Travel

2013年6月11日(火)、世界最大級の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーが外国人観光客数の多い世界49都市を対象に、 旅行者の出費を比較調査した「旅行者物価指数(トリップインデックス)」を発表しました。

「旅行者物価指数(トリップインデックス)」とは、外国人観光客の多い世界49都市を対象に、旅行者カップルの1日の旅費をモデル化して比較したものです。

具体的には、宿泊費(4つ星クラスのホテル1泊)、食費(現地の一般的なメニューの2人での食事)、レストランとホテルを往復したタクシー代(タクシーの走行距離2マイル×往復/約3.21km×2)、カクテル(各都市のトップクラスのホテルのバーでドライマティーニを2杯)から算出されています。

さて、この調査結果を見ると、旅行者物価の最も安い都市はブルガリアのソフィアで1万5521円、次いでベトナムのハノイで1万7250円、 3位はポーランドのワルシャで1万8374円という結果となっています。

アジア地域を見ると、第2位にハノイ続いて、第6位にバンコク、第7位にクアラルンプールがランクインしています。 つまり、アジアという枠組みで見ると旅行者にとって旅行物価が安い都市の第2位はバンコクとなります。

ハノイはホテルが1万11272円、タクシーが598円、夕食が594円、カクテルが1785円、合計1万7250となっています。 バンコクはホテルが1万701円、タクシーが307円、夕食が6844円、カクテルが1864円で合計1万9716円となっています。 そして、クアラルンプールはホテルが1万1635円、タクシーが208円、夕食が6911円、カクテルが2573円の合計2万1327円となっています。

一方、最も旅行者物価の高い都市はオスロ(ノルウェー)で5万6950円、次いでチューリッヒ(スイス)の5万1287円となりました。

ちなみに、東京は3万9457円と世界のワースト12位で、アジアでは最も旅行者物価の高い都市となっています。

旅行者物価の安い国ランキング トップ10

  1. 第1位 ソフィア(ブルガリア) 1万5521円
  2. 第2位 ハノイ(ベトナム) 1万7250円
  3. 第3位 ワルシャワ(ポーランド) 1万8374円
  4. 第4位 シェルムエルシェイク(エジプト) 1万8741円
  5. 第5位 ブダペスト(ハンガリー) 1万8962円
  6. 第6位 バンコク(タイ) 1万9716円
  7. 第7位 クアラルンプール(マレーシア) 2万1327円
  8. 第8位 チュニス(チュニジア) 2万1441円
  9. 第9位 ケープタウン(南アフリカ) 2万1507円
  10. 第10位 リャド(サウジアラビア) 2万1561円

参考URL

旅行者物価指数2013

シェアする

フォローする