バンコク中心部における抗議集会デモの実施に関する注意喚起(2013年11月28日現在)

2013年11月25日(月)以降、反政府デモの一部がタイ政府関連庁舎を占拠する状況が続いています。在タイ日本大使館は11月28日(木)、以下のような「バンコク中心部における抗議集会デモの実施に関する注意喚起」を出しています。

  • 1. 現在、バンコク都内で抗議デモ活動を展開する反政府グループは、民主記念塔、財務省、政府合同庁舎等都内の各所において政府公的機関・施設への抗議集会活動を継続的に実施しています。(地図参照) これに加え、タイ警察の情報によれば、本日(28日)より、デモ隊の一部は、ラーマ1世通り(BTSチットロム駅からBTSサイヤム駅高架下付近)において、座り込み集会等を実施するとのことです。 また、反政府グループは、今後も、集会及びデモ行進を行い、更なる政府公的機関・施設の占拠を行うことが予想されます。集会及び行進が行われる地域一帯では激しい交通渋滞等が予想されるほか、今後、治安当局等との衝突に発展するなど、不測の事態が発生する可能性もあります。
  • 2. タイに渡航される方及び在留邦人の方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、今後ともデモ等が開催されている地域一帯、または集団が移動している道路等には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう、安全確保に十分注意を払って下さい。また、バンコク都内全域、ノンタブリー県全域、サムットプラカーン県の一部(バーンプリー郡のみ)及びパトゥムタニ県の一部(ラートルムゲーオ郡のみ)に対する国内治安法(ISA :Internal Security Act)の適用により、集会・デモが行われる地域一帯では、今後、治安当局等による交通規制等が敷かれるとともに、警察官等による各種規制・指示・警告等がなされる事態が発生する場合もありますので、周囲の状況に十分注意を払い、避難等の指示がある場合には、その指示通りに行動するようにして下さい。

問い合わせ先

  • 在タイ日本国大使館領事部
    電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
      FAX :(66-2)207-8511
  • 公式サイト:在タイ日本国大使館
在タイ日本国大使館