「フォーカス・オン・アジア&ワークショップ」にてペンエーグ・ラッタナルアーン監督の短編映画が上映!/2010年10月28日(木)~10月31日(日)

2010年10月28日(木)~10月31日(日)の4日間、東京都写真美術館にて「フォーカス・オン・アジア」とクリエイター向けワークショップが開催されます。

「フォーカス・オン・アジア」は、東京国際映画祭の連動企画として「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」が開催するもので、タイを含むショートショート フィルムのが上映されます。

「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」は、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭で、米国アカデミー賞が公認している映画祭でもあります。

さて、「フォーカス・オン・アジア」では、2010年6月に開催されたSSFF&ASIA 2010にて受賞、ノミネートされた作品を中心に、アジアの独特の色香漂うショートフィルム作品が一挙に全14本上映されます!

弱冠13歳の少年監督が沖縄で制作し、話題を集めている「やぎの散歩」(旅シヨーット!プロジェクト観光庁特別推薦作品)の上映や、村上春樹の短編小説「パン屋再襲撃」をカルロス・キュアロン監督の「パン屋再襲撃」の”ワールドプレミア”上映など、注目作品が目白押しです!

タイ映画の鬼才、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督のショートフィルム「Silence/ミッドナイト・バンコク」

「フォーカス・オン・アジア」の上映プログラムは、プログラムAとプログラムBに別れていますが、タイからは、ペンエーグ・ラッタナルアーン監督の「Silence/ミッドナイト・バンコク」(2009年/21分55秒)が、プログラムAにて上映されます!

ペンエーグ・ラッタナルアーン監督は、タイのみならず世界でも注目されているタイの映画監督です。浅野忠信が主演した映画『地球で最後のふたり』の監督を務めるなど、日本とも関わりがある監督として知られています。

なお、最終日にあたる10月31日(日)のワークショップでは、特別上映作品である村上春樹原作の「パン屋再襲撃」をはじめ、数多くのショートフィルムを手がけたメキシコ出身のカルロス・キュアロン監督が講師に決定!

最新作で監督デビューを果たし、世界的に活躍しているキュアロン氏が、「パン屋再襲撃」のプロデューサー、ルーカス・アコスキン氏とともに、ショートフィルム・映画制作とメキシコ映画界を解説します。

ショートショートフィルムフェスティバル アジア 2010「フォーカス・オン・アジア」の概要

  • 開催日:2010年10月28日~31日
  • 場所:東京都写真美術館
    〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
    JR恵比寿駅東口より徒歩約7分(動く歩道使用)
  • チケット:1プログラム券 前売一般:1300円 当日一般:1500円
    2プログラム券 前売一般:2200円 当日一般:2500円
    チケット発売開始:10月1日(金) AM10:00~
    電話予約によお問い合わせ先:Tel 0570-02-9111
  • 主催:ショートショートアジア実行委員会
  • 詳細は、「フォーカス・オン・アジア & ワークショップ」にて

コメント