タイ映画情報@第28回東京国際映画祭 / 2015年10月22日(木)~31日(土)

アジアを代表する国際映画祭「第28回東京国際映画祭(28th Tokyo International Film Festival)」が2015年10月22日(木)~31日(土)の期間、開催されます。

今年は、六本木を中心に新宿にもエリアを拡大した上で、企画、上映本数もパワーアップ。 2015年10月22日(木)には六本木ヒルズで、オープニングセレモニーが国内外の関係者が集めて開催されます。

タイ関連としては、コンペティション部門にてスタイリッシュで美しい青春映画「スナップ」、「アジアの未来」部門では、タイ南部のイスラム地域を旅する不思議な体験を描いた「孤島の葬列」が上映されます。

スタイリッシュな映像で描いた青春映画「スナップ」

2015年制作の「スナップ」は、クーデター後の戒厳令下のタイを舞台に、甘酸っぱい恋愛模様が絶妙なコントラストをなす作品。今回がワールド・プレミア上映となります。

ヒロインが同級生の結婚式に出席するため帰郷すると、初恋相手だったカメラマンの姿が・・・。婚約者がいながら動揺する女性の姿をスタイリッシュな画面で綴る美しい青春映画です。

青春映画の王道とも言える作品の中には、社会、家族、個人、SNSなど、複数の次元の現実が交差するタイの今の姿が描かれています。

ヒロイン役のワルントーンは、かつてガールズグループに所属して芸能活動をした経験があるものの、現在は大学生、本作が映画デビューとなります。

相手役のトーニーは、メルボルンで教育を受けた後、モデルや俳優として活動。話題作への出演も相次いでいる期待の若手俳優です。 同作品を手掛けたコンデート・ジャトゥランラッサミー監督は、これまでに タイの大手映画会社で3本の長編を監督。『タン・ウォン 願掛けのダンス』では、ベルリン国際映画祭で初上映され、タイ・アカデミー賞をはじめ、数々の国内映画賞を受賞しています。

2回の映画上映後には、監督、俳優たちが登壇してQ&Aも予定されています。

『スナップ』上映スケジュール

  • 日時:10月24日21:15~ (本編97分)
    劇場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
    ※映画上映後に登壇ゲストの予定有り:コンデート・ジャトゥランラッサミー(監督/脚本)、ソーロス・スクム(プロデューサー)、トーニー・ラークケーン(俳優)、ワラントーン・パオニン(女優)、ティシャー・ウォンティプカノン(女優)
  • 日時:10月27日20:50~ (本編97分)
    劇場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1

    ※映画上映後に登壇ゲストの予定有り: コンデート・ジャトゥランラッサミー(監督/脚本)、ソーロス・スクム(プロデューサー)
  • 料金:一般料金:1300円(税込)、学生料金:1000円(税込)、学生当日料金:500円(税込)
    ※チケットの販売はチケットボードで購入にて。
    チケット購入方法

『スナップ』作品データ

タイトル
邦題:スナップ / 英題:Snap / 原題:SA-NAP
監督
ピムパカー・トーウィラ
脚本
コンデート・ジャトゥランラッサミー
キャスト
ワラントーン・パオニン、トーニー・ラークケーン、 他。
製作年/製作国/言語
2015年 タイ タイ語
上映時間
97分
関連サイト
Facebook:Snap

離島へと渡り不思議な体験をする様を描いた「孤島の葬列」

「孤島の葬列」はタイ南部のイスラム地域を旅するヒロインが、離島へと渡り不思議な体験をする…。 タイの女性映画監督が放つ長編第2作です。 同作品を手掛けたピムパカー・トーウィラ監督は、プロデューサー、批評家など多才な顔を持つタイの女性映画監督として知られています。長編デビュー作『ワン・ナイト・ハズバンド』をはじめ、全作品で脚本、監督、製作を手掛けています。担っている。2009年にはタイ文化省から現代アーティストに贈られるSilapathorn賞を受賞しています。

なお、2回予定されている映画上映後には、監督、俳優たちが登壇してQ&Aも予定されています。

『孤島の葬列』上映スケジュール

  • 日時:10月28日14:30~ (本編105分)
    劇場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN9
    ※映画上映後に登壇ゲストの予定有り:ピムパカー・トーウィラ(製作/監督/脚本)、ヒーン・サシトーン(女優)、ウックリット・ポーンサムパンスック(俳優)、ヨッサワット・シッティウォン(俳優)
  • 日時:10月30日10:50~ (本編105分)
    劇場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN3
    ※映画上映後に登壇ゲストの予定有り: ピムパカー・トーウィラ(製作/監督/脚本)、ヒーン・サシトーン(女優)、ウックリット・ポーンサムパンスック(俳優)、ヨッサワット・シッティウォン(俳優)
  • 料金:一般料金:1300円(税込)、学生料金:1000円(税込)、学生当日料金:500円(税込)
    ※チケットの販売はチケットボードで購入にて。
    チケット購入方法

『孤島の葬列』予告編

『孤島の葬列』作品データ

タイトル
邦題:孤島の葬列 / 英題:The Island Funera / 原題:Maha Samut Lae Susaan
監督
ピムパカー・トーウィラ
脚本
ピムパカー・トーウィラ
キャスト
ヒーン・サシトーン、 ウックリット・ポーンサムパンスック、 ヨッサワット・シッティウォン、 パッタナポン・シーブンルアン、 ワンロット・ルンカムジャット、 キアットスダー・ピロム、 他。
製作年/製作国/言語
2015年 タイ、タイ語
上映時間
105分

第28回東京国際映画祭の概要

2015年10月22日(木)~31日(土)の期間、開催される「第28回東京国際映画祭」。今年は、従来の六本木ヒルズに加え、新宿エリアの映画館が新たに会場として追加されています。

期間中は「東京 サクラ グランプリ」を選出する同映画祭のメイン部門である「コンペティション」をはじめ、日本未公開のエンタテインメント最新作をプレミア上映する「特別招待作品」、 独創的な日本のインディペンデント映画作品に焦点を当てた「日本映画・スプラッシュ」、 世界各国の話題作を取り上げる「ワールド・フォーカス」、 あるいはアジア(日本、中東地域を含む)で作られた新鋭監督の1本目または2本目の長編作品を対象にしたコンペティション部門「アジアの未来」などがあります。

そして、昨年から国際交流基金アジアセンターがアジアの国、監督、俳優、テーマなどに焦点を当てた「CROSSCUT ASIA」(クロスカット・アジア)部門が東京国際映画祭内に創設。アジアを鋭く切り取った珠玉の映画を紹介するアジア映画の特集上映が行われます。第2回の今年は、新たな黄金期を迎えたフィリピン映画を 「熱風!フィリピン」として特集! フィリピン映画が合計10本、一挙に上映されます。

さらに今年から新たに3つの部門が新設され、よりパワーアップしています。 ドキュメンタリーやアニメーションなどバラエティ豊かな様々なタイプの最新作をプレミア上映する「パノラマ部門」、新進気鋭から老練監督の作品まで今の日本映画が持つ大きな可能性と意欲を国内外に発信する「Japan Now部門」、そして最新技術を駆使してデジタル・リストアされた日本映画史を彩った名作を上映する「日本映画クラシックス部門です。

  • 開催時期:2015年10月22日(木)~31日(土)
  • 開催場所:六本木ヒルズ(東京都港区六本木6-10-1)
    TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区六本木6-10-2六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
    TOHOシネマズ新宿(東京都新宿区歌舞伎町1-19-1新宿東宝ビル3階)
    新宿バルト9(東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル9階)
    新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15番15号)
    東京国立近代美術館フィルムセンター(東京都中央区京橋3-7-6)
    歌舞伎座(東京都中央区銀座4-12-15)
  • 主催:公益財団法人ユニジャパン
  • 共催:国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
    東京都(コンペティション部門)
  • 公式サイト:第28回東京国際映画祭
  • Facebook:東京国際映画祭 (東京国際映画祭 TOKYO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL)
  • Twitter: @tiff_site  東京国際映画祭
  • チケット購入方法

シェアする

フォローする