携帯電話

タイの携帯電話事情

New phone
New phone / AMagill

1990年代、携帯電話の普及は、日本に比べてかなり遅れていましたが、今ではすっかり普及しています。 “いつでもどこでも”連絡が取れる携帯電話の利便性は、携帯なくしては仕事にならず、的な状況があります。 そんなワケで、携帯電話は、階級社会のタイでも、およそあらゆる階層に広く普及・浸透しています。

2007年の時点で、携帯電話の契約者は人口の約4割と言われています。その陰には、 各携帯電話会社の熱いバトルがありますが、3大勢力は、AIS、DTAC、TA Orangeです。

それぞれ、月極の通話サービス、そして、プリペイド方式の通話サービスを提供しています。

通信方式は、世界約160カ国以上で採用されているGSM方式です。 一口にGSM方式といっても、使う周波数によって、GSM900MHz、GSM1800MHz、GSM1900MHzと3種類の周波数 に分かれていますが、タイでは、他のアジアの国々と同様、GSM900MHz、GSM1800 MHzの2種類の周波数が 使われています。

ショッピングモールなどに行くと携帯電話端末を扱ったショップが軒を連ねています。 値段をザッとみると、3000バーツ(約9700円)ぐらいものから、3万バーツ(約9万7000円)以上するものまで 幅広い品揃えです。よく売れているのは、3000~5000バーツのものです。

ところで、携帯端末のお値段は、タイの一般庶民にとって、どのくらいの負担でしょうか?  タイの大卒者の初任給が約7000バーツ(約2万2600円)と言われています。ということは・・・。 3000バーツ代の低価格の携帯端末でも、一か月分の給料の半分ぐらいのお値段です! 

タイの携帯電話事業者

携帯電話事業者は、TOTないしCATとのジョイントベンチャー会社です。

AIS
アドバンスインフォサービス社。TOTと提携。
携帯端末のシェアの約60%を占めている、タイ国最大の携帯会社です。サービス名は「Digital GSM 2WATTS」です。プリペイド方式のサービス名は「One-2-Call」です。
GSM 900MHz方式。
シナワトラグループの1社ですが、前タクシン首相が率いてたグループ企業としても有名ですね。
DTAC
トータルアクセスコミュニケーション社。CATと提携。
サービス名は「World Phone 1800」、プリペイド方式のサービス名は「Dprompt」です。
GSM 1800MHz方式。
最大手のAISと熱いバトルを繰り広げています。
True Move(旧TA Orange)
TRUE系のTrue Move社(旧TA Orange)。CATと提携。
サービス名は「Orange」、プリペイド方式のサービス名は「Just Talk」です。
GSM 1800MHz方式。
新興勢力として、格安の携帯端末を打ち出しています。 タイの財閥CPグループの子会社Telecom Asiaが経営母体です。
Thai Mobile
TOT系の携帯電話会社。

コメント