『サイアム・スクエア/Love of Siam』(ミウの歌〜Love of Siam)@「大阪アジアン映画祭2011」プレイベント/2011年12月4日(土)~12月11日(土)

「大阪アジアン映画祭2009・2010セレクション上映」にてタイで大ヒットした映画『サイアム・スクエア/Love of Siam』が上映!/2011年12月4日(土)~12月11日(土)

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ」をテーマに日本初上映となるア ジア映画最新作を多数上映するアジア映画の祭典「大阪アジアン映画祭」。2011年からはコンペ部門も新設され、さらにスケールアップします。

この「大阪アジアン映画祭2011」に先立ち、プレイベントが大阪で、2011年12月上旬に開催されます。

プレイベントでは、過去2回の「大阪アジアン映画祭」で上映された話題作を上映する「大阪アジアン映画祭2009・2010セレクション上映」、そして「大阪アジアン映画祭2010」のクロージング作品『東京タクシー』のキム・テシク監督の特集企画、さらにインドの巨匠グル・ダット監督の特集企画などがプログラムされています。

ここ最近、日本でも注目を集めているタイ英が関連では、過去2回の「大阪アジアン映画祭」で上映された話題作を上映する「大阪アジアン映画祭2009・2010セレクション上映」にて、大阪アジアン映画祭2009上映/観客賞受賞作品である『サイアム・スクエア/Love of Siam』(2007年/タイ/カラー/158分/デジタル)が上映されます。

『サイアム・スクエア/Love of Siam』は、日本でも「ミウの歌〜Love of Siam」(アナコット配給)の題名でロードショー公開されています。

『サイアム・スクエア/Love of Siam』は、ご存知、タイの原宿・渋谷ことバンコクの繁華街サイアム・スクエアを舞台に少年同士の友情と自分探しを描いた青春映画です。監督は『チョコ レート・ファイター』の脚本も手がけてたサックウィーラクン監督です。

聞けば、『サイアム・スクエア/Love of Siam』は、サックウィーラクン監督の実体験を元にした作品とのこと。です。タイでは2007年に大ヒットした作品です。

「大阪アジアン映画祭2009」でも、観客の強い支持を得て、観客賞を受賞しています。

『ミウの歌〜Love of Siam』公式サイト

その他、12月11日(土)・12月12日(日)には、「アジアン 昨日、今日、明日」と題して、1950年代のインド映画の黄金時代を疾走し、監督のほか出演・製作もこなしてスターの座に君臨後、1964年に39歳の若さで自ら命を絶ったインド映画伝説の名匠グル・ダット監督特集&今年3月に開催された「大阪アジアン映画祭2010」のクロージング作品『東京タクシー』を手がけた韓国の映画監督、キム・テシク監督特集が開催されます。

さらに、12月4日(土)・11日(土)には、「大阪アジアン映画祭2009・2010 セレクション上映」がシネ・ヌーヴォを会場にして開催されるほか、2010年12月10日(金)には大阪大学箕面キャンパスを会場に、今回で3回目となる映画字幕翻訳講座も開催されます。

「大阪アジアン映画祭2009・2010セレクション上映」概要

  • 開催期間:2011年12月4日(土)~12月11日(土)
  • 会場:シネ・ヌーヴォ
    http://www.cinenouveau.com/ 大阪市西区九条1-20-24 / Tel:06-6582-1416
  • アクセス:地下鉄中央線「九条駅」6号出口徒歩3分、阪神なんば線「九条駅」2番出口徒歩2分
  • 料金:前売800円 ◎各回入替制。1作品ごとにチケットが必要。
    ※前売券は、チケットぴあ、セブンイレブン、サークルKサンクス(Pコード:462-379)、他。
    当日券:一般・学生1000円、シニア(60歳以上)800円、高校生以下600円
    ※連日朝より当日分の整理番号つき入場券の販売を開始。入場は各回10〜15分前より整理番号順。
  • 主催:大阪アジアン映画祭実行委員会
  • 問合せ先:大阪アジアン映画祭実行委員会事務局
    〒530-0014 大阪市北区鶴野町4番B-801(NPOコミュニティシネマ大阪内)
    Tel:06-6373-1211 / Fax:06-6373-1213
    ※電話でのお問い合わせ:平日10:30~18:00
  • 詳細は、大阪アジアン映画祭2011公式サイト内のプレイベントコーナーにて 。

コメント