タイ:非常事態宣言対象地域の一部解除/2010年8月17日

タイ政府は、2010年8月16日、本年4月7日以降、対象地域を縮小しつつ継続している非常事態宣言について、 その対象地域10都県のうち、チェンマイ県、チェンライ県及びウボンラチャタニー県の3県を解除しました。

1.8月16日、タイ政府は、本年4月7日以降、対象地域を縮小しつつ継続している非常事態宣言について、その対象地域10都県のうち、チェンマイ県、チェンライ県及びウボンラチャタニー県の3県を解除しました。 これにより、非常事態宣言の対象地域は以下の7都県に縮小されました。非常事態宣言は、現在のところ10月7日まで維持される予定です。
【非常事態宣言対象都県(7都県)】。
バンコク都、ノンタブリー県、サムットプラカーン県、パトゥムタニー県、コンケン県、ウドンタニー県及びナコンラチャシーマー県

2.また、バンコク都においては、7月25日以降2件の不審な爆弾事件が発生し、死者1人、負傷者11人が出ています。

3.つきましては、非常事態宣言の対象地域に渡航・滞在を予定されている  方は、報道等から最新の治安情報を入手し、不測の事態に巻き込まれない  よう十分注意してください。

問い合わせ先

コメント