バンコク都に対する渡航情報(危険情報)の引き下げ/6月3日

日本政府は、2010年6月3日、現在のタイの治安情勢が回復に向かいつつあることを踏まえて、バンコク都の「危険情報」を現在の『渡航の是非を検討して下さい』から1レベル引き下げ『十分注意して下さい』に変更することとしました。詳細につきましては外務省ホームページをご確認下さい。

また、バンコク都及び23県に対し発令された非常事態宣言が、未だ解除されない現状を踏まえ、非常事態宣言対象 23県については、『十分注意して下さい』の「危険情報」を継続することとしました。

タイに対する渡航情報(危険情報)の発出(2010/06/03)

●ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部   (ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)     :「渡航の延期をお勧めします。」(継続)

●ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)     :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●シーサケート県のカンボジアとの国境付近のプレアビヒア寺院周辺地域     :「渡航の是非を検討してください。」(継続)

●首都バンコク     :「十分注意してください。」(引き下げ)

●非常事態宣言発令対象地域(23県)(ノンタブリー県,   サムットプラカーン県,パトゥムタニー県,ナコンパトム県,   アユタヤ県,チョンブリー県,チェンマイ県,チェンライ県,   ランパーン県,ナコンサワン県,ナーン県,コーンケーン県,   ウドンターニー県,チャイヤプーム県,ナコンラチャシーマー県,   シーサケート県(上記プレアビヒア寺院周辺地域を除く),   ウボンラーチャターニー県,マハーサーラカーム県,   サコンナコーン県,ローイエット県,ノーンブアランプー県,   ムクダハン県,ガラシン県)     :「十分注意してください。」(継続)

詳細については、外務省 海外安全ホームページを参照して下さい。

問い合わせ先

コメント